中古ピアノ販売.com トップ > 中古ピアノの選び方

中古ピアノの選び方

中古ピアノの選び方のコツって?

まずは現品を弾いて確認

まずお勧めしたいのが、「現品を見て弾いて確認する」ことです。中古ピアノは新品と違い千差万別ですので、ご自身で確認いただくしかありません。

また、後々のメインテナンスのし易さなどを考えると、ピアノに知識の少ない方には、ヤマハなど有名ブランドを選ばれるほうが安心だと思います。

ヤマハ中古ピアノはいつ頃作られたものか分かりますか?

ヤマハピアノの場合、製造番号で製造年代がわかります。古いから良くない、新しいから良い、というわけではありませんが、参考になると思います。製造年代は、販売店に聞けば教えてくれますが、参考までに下に目安を掲載しております。

●ヤマハピアノ製造番号と製造年代の目安

製造番号の確認
西暦 和暦 製造番号
1960年 S35年 130,000
1970年 S45年 1,000,000
1980年 S55年 3,000,000
1990年 H2年 4,900,000
2000年 H12年 5,800,000

充分手を入れられた中古ピアノとそうでないピアノを見分けるには?

ピアノはパネル(上前板、下前板など)を開けて、中を見ることができます。お店で中を見せてもらうと良いですね。ピアノの中をのぞいて見て、全般的にキレイであれば、ある程度手が入っていると想像することができます。専門的には消耗部品の交換などがなされているか、というような見方をしますが、素人の方には判別が難しいのが実情です。

次に、弾ける方がいらっしゃれば、弾いて見て弾き心地や音色などを確かめてください。ピアノは楽器ですから、弾いて聴いて気持ちが良いものが一番ですね。

中古グランドピアノはどのような点に注意すれば良いでしょうか?

グランドピアノの中古の場合は、前のオーナーがよく使い込んでおられる事が多く、弦やハンマー、各部のフェルトなど、重要部品がかなり消耗していることもあります。
お客さまが求める性能レベルによって、判断も変わって来ます。
もしできることなら、ピアノに詳しい方、例えばピアノの先生や調律師の方などと、一緒にご覧になれればベストですね。

中古ピアノの選び方

中古ピアノ販売.com トップ中古グランドピアノ中古アップライトピアノ中古ピアノの選び方購入・配送
アフターサービスピアノ在庫場所のご案内

このサイトについてサイトマップ個人情報保護方針よくある質問問い合わせ